縁は異なもの…

先日、立川で昔の上司とお酒をご一緒させていただいた時の話です。

二軒目で立ち寄った風通しの良いお店、カウンターに座り雑談をしているとふと目に止まったものがありました。それは、新聞の切り抜きで「ハンセン病題材の作品展」と書いてあったのです。

ハンセン病と言えば、最近弊社お取引先のテンボデザイン事務所様が東村山にあるハンセン病療養所を訪れて、色々な問題提起をしていらっしゃいました。いまだにハンセン病に対する差別は存在するようで、その差別解消のためのファッションショーも計画していらっしゃいます。お店の人に聞いてみると、ハンセン病文学を研究している佐藤健太さんというかたがお客さんで良く来ているとのこと。

ハンセン病のことは知っていましたが、大きく意識づけられたのはテンボ様のFBがきっかけで、ほんの数週間前のことです。そして、偶然入ったお店でハンセン病の文字を見かけました。本当に縁というのは不思議なもので、何かに引き寄せられているのではないかと思います。

今年は特に、様々な人との出会いがあり、特別な転換の年になるような気がします。昔から人との縁は大切にしよう”と思い続けていたのが、今になって活きてきたような気もします。

自分一人では何もできませんが、人と人とが繋がって輪になれば色々なことができると思います。これからも皆さんに助けていただきながら邁進します!

生地販売・受注プリントの株式会社イトーテキスタイル 生地販売・受注プリントの株式会社イトーテキスタイル
Copyright © 2019 Ito Textile Co.,Ltd.